人と違うことをしてはいけないという日本独自の風習が、日本人の英語を似たり寄ったりの既製品のようなものにしている

こんばんは、ショーンだ。

 

最近、特に思うのだが、英語教育の既製品化がさらに進んで、どこで英語のレッスンを受けようが結局どこを切っても金太郎飴のような既製品レッスンになってしまっている。また、学習者が習得する英語も、結局みんな似たりよったりで、みんなそっくりな英語を話している。

 

既製品レッスンに、既製品の英語。

 

全てが既製品のようになってきて、たとえ英会話をがんばって上級まで上った人の話している英語を聞いても、精神の鎧?をまとっているような英語というのだろうか、既製品ぽさが強すぎて、その人の本当の個性や人柄が見えないのだ。日本語を話しているときのようなその人らしさが現れていないし、息も詰まっていて苦しそうなのだが、それを隠している人も多い。

 

押し付けられた既製品の英語。知らぬ間に既製品があなたやあなたの周囲の人の普通になってしまっている。。。

 

ことばというのは、本来パーソナルな存在なのにね。

 

自由を感じられないと!

 

あまりに全てが既製品だらけの世界になってしまって、学習者も教師も「ことばのパーソナル性」をすっかり忘れているように私は思う。

 

私は断言しても良いが、ことばは「あなただけ」のものだ。

 

日本独自の「みんな同じであることが好ましい」という考え方が、止まらない英語の既製品化に拍車をかけている。

 

ようく考えてみて。

 

本当に心の底で求めているのは、TOEICの点数でも圧倒的な語彙数でもなく「あなたにとって大切な英語」「あなたが愛でることのできるあなた自身の英語」「あなたに寄り添ってくれるような英語」なのだと感じたことのある人はどのくらいいるだろうか?

 

もちろんTOEICの点数は高い方が見栄えが良いので、私は升砲館の門下生にもどうせTOEICを受けるのだったら高得点を目指すように伝えている。

 

しかし、TOEICのような誰かが作った押し付けの価値観ではなく、あなたが一番欲しいのは何だろう?

 

よく考えてみて。

 

もちろん、升砲館で訓練すれば職場で昇進するし、実際ほぼ全員の門下生の給料がかなり上がっている。

 

当たり前だけど、お金や達成は大切だし、私もお金は好きだ。

 

しかし、ビジネスマインドの人もそうでない人も、今は「あなたの英語」のことを考えて欲しいのだ。

 

あなたは、誰かに押し付けられたような既製品の英語を話したかったのだろうか?

 

それとも、風通しの良い状態で、あなたが本当に自分自身を感じられるような英語を話したかったのだろうか?

 

升砲館の「英語の壁正面突破セミナー」の案内ページを作り替えた。

息の詰まったような英語ではなく、本当に「自分自身を感じられるような英語」を自由に話せるようになりたい。

 

もし、あなたがそう感じたことのあるのであれば、ぜひ英語の壁正面突破セミナーに来て欲しい。このセミナーがあなたに本物の「美しい英語を自由に話せる可能性」を発見してもらえる機会になれば、私は最高に嬉しい。

 

スペクトログラムを用いた発声法の診断も行う。楽しいよ!

 

レベル不問、未経験者から上級者まで。

 

セミナーで会おう!

 

ショーンより



SHAWN

■過去の門下生や私の教え子は、以下より連絡をくれ給え。
https://shohokan.net/contact-us/

■升砲館に興味を持った方は、入門前にセミナーに来て自分の目で見極めてください。人数限定なので出来る限り早く申し込んでね。
https://shohokan.net/breakthrough-1day-seminar1/

■一般のセミナーに参加しにくい著名人など、特別な事情のある方は、事務局に直接お電話ください。
070-8545-3989 (事務局 浜沢亜希)

©2021 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?