人類史の中で7万年受け継がれてきたもの

ショーンです。写真はオックスフォード大学の図書館のラドクリフカメラ。

 

今日は、少し人類史を見てみよう。あまり知られていないことだが、世界で英語教育が盛んになってきたのが、1934年の英国ブリティッシュカウンシル創設以来なので、実はまだ90年も経っていない。

 

西洋文化では11世紀にいくつかの大学が創設され、本格的に学校教育が始まった。イタリアのボローニャ大学、英国のオックスフォード大学やケンブリッジ大学などである。

 

今から1000年以上前の話で、それらの大学が創設されたとき、日本は平安時代。

 

そのように、学校教育は学校教育でかなりの歴史があるように見える。

 

しかしながら、これは文化人類学者エドワード・T・ホールが述べていたことだが、現代の我々が「教育」という単語を聞くときに学校教育を想像するのが常となっているが、他方、人類の歴史を見てみれば学校教育が始まるよりも遥か昔の太古から、私たちヒトは学んできた。

 

ヒトの脳が現在の形になったのは2万年前。

 

そしてヒトは今から約7万年前に音声コミュニケーションを始めたと言われている。

 

学校教育が開始されるよりも、何万年も前から、私たちヒトは話していた。

 

ヒトの音声コミュニケーション能力獲得と、学校教育(特に語学教育)というものは、歴史的にも地理的にも、意義的にも、根本的に違うものである。

 

私ショーンも社会科学者として知を愛する人間であるが、実際に私たちが音声コミュニケーション能力を身に付けるためには、学校教育は本質的に関係ない。

 

あなたは小中高校で体育の授業を受けて、サッカーが上手くなったのだろうか?

 

学校教育の体育の授業は、サッカーというものを体験させてもらう場であって、サッカーの技術を磨く場ではない。

 

あなたは、自分の母語を勉強して身につけましたか?

 

日本語の喋り方なんて習いましたか?

 

言語能力というものは、周囲の大人などから色々なスタイルの影響を受けながら、子供のころからひとりひとり自己流で身に付けるものです。

 

習って身に付くようなものではありません。

 

升砲館では、英語の使い手となるための考え方や理論などさまざまなテーマや課題に取り組みますが、それもひとりひとりがそれぞれの自己流で自由に会得することを主眼に置いています。

 

教わったことを忠実にこなすことを良しとなんかしていると、100年経ってもことばなんて話せるようになりませんよ。

 

世の中には、ちょっとお手本と違うだけで「自己流はダメ!」と言って、あなたの才能を打ち砕く教師があまりに多い。

 

言うたびに欠点を指摘され続けたりなんかすると、言う気も失せるだろうし、心も潰されます。

 

自己流による音声コミュニケーション能力獲得法は、人類7万年の歴史。

 

私は断言しますが、心をオープンにして良き影響に身を晒していれば、あとは自己流を活用して流暢で美しい英語が話せるようになります。

 

一から十まで習えば良いという考え方は、あなたの創造力や才能をむしばみます。

 

そのような押し付けがましい全体主義的な教育は、言語能力の獲得用途には全く向きません。

 

私が升砲館で門下生たちに提供していることは、以下の3つの事柄に集約されます。

 

①自己流の感覚を思い出してもらう。
②他では習えないことを学んでもらう。
③そうすることによって、最短距離で流暢な英語話者になってもらう。

 

というシンプルなことなのです。

 

皆が自分の才能を活用して、自由で伸び伸びした自然な英語を身につけてくれますように!

 

ショーンより



SHAWN

©2022 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?