春疾風、比叡に響く、英語の音

 

春疾風、比叡に響く、英語の音。

 

こんばんは、英語に悩んでいる人に本当に英語をマスターしてもらって「自由に自分を表現できる世界を心の底から楽しんでもらいたい」と考えているショーンです。

 

今日は私が非常に重要だと考えていることについて書きます。

 

冒頭の文章とは相反するように見えるかもしれませんが、ここで、私が一番伝えたいことは、「無理して英語をやる必要はないよ」ということです。

 

英語に限らず何でもそうですが、世の中の先生たちは、自分たちが一生懸命に努力してできるようになったものだから「あなたも絶対できる」と熱心に励ましてくれます。

 

有難いことでもあるのですが、私たちはひとりひとり違う人間なので、得意なことや不得意なことなど、それぞれの特性が違うことは当たり前のことであり、実際、努力してもできないことがあるのも普通のことです。

 

例えば私ショーンは良き師に巡り会えたり、時間を忘れて熱中したおかげで、空手とギター、文化人類学や社会科学は少々できるようになれましたが、中国語、ドイツ語、スケボー、習字、料理、絵画、ボーリング、ゴルフなどは、努力しても全く芽が出ませんでした。努力を続ける気も湧かず、見事大失敗に終わったものです。

 

18歳のときエアロビクスの体験クラスに行ってみたときは、苦しくて息が上がっている私の隣まで来て「元気出して!」と励ましてくださるインストラクターの先生の満面の笑顔は、私には実に辛かった。

 

先生の笑顔は有り難かったのですが、いくら「あなたにもできるわ!」と言われても、それは私ショーンにはプレッシャーだった。

 

「あなたは向いていないようね」と言われるほうがマシだったかもしれない。

 

「自分なりにやったらいいよ」と言ってもらえたら、どれだけ気が楽になっただろうか。

 

「私も努力してできるようになったのだから、あなたも努力すればできるはず」という一見まっとうな指導者の考え方の重圧に、多くの学習者がもがいている。

 

自信を失う学習者も多く、これでは、うまくなるものもうまくならないのでは?

 

英語が完璧にできなくても死ぬわけではない。

 

心やすく、楽しく取り組めば良いと思うし、実際、その方が上達のスピードは速い。

 

シャイな人は、まずはシャイな部類のアメリカ人のように英語が喋れることを目標にすると良いと私は思っているし、

 

雄弁に英語を話したい人は、雄弁に英語を話すように取り組めば、必ずそうなれる。

 

速く英語がうまくなりたいのなら、楽しむことだよ。本当に。

 

私たちは自分以外の人間にはなれない。無理しないでいいよ。

 

あなたらしい英語を喋ること。それが一番大切。

 

そうしていると、必ず才能は開花する。

 

もし、あなたが本当の意味で自分らしい英語をネイティブのように話せるようになりたいと思うときは、升砲館に来て欲しい。

 

あなたの求めていたものがあるかもしれないし、人生が変わるかもしれないよ。

 

ショーンより



SHAWN

©2022 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?