My Anthropology Master(私の文化人類学の師匠)

辻井升雲(ショーン・ツジイ)

こんばんは、ショーンだ。11月の東京升砲館の月例稽古を終えて、今、京都に戻ってきた。今日は暖かく美しい日で、大変気持ちが良かった。

なぜか不思議な多幸感に包まれていた。

電車も看板も、なぜか見るもの見るもの全てが美しく見えて、私は「この世ってこんなに綺麗だったんだ!」と静かに感動していた。

ジドゥ・クリシュナムルティやエクハルト・トーレの言っていた「今に生きる」とは、こういうことなのだろう。

さて、私の文化人類学の師匠、構造人類学の巨人ジョイ・ヘンドリー教授が来日され、先週、升砲館の稽古に参加された。

イギリスの大学院時代に教えを乞うて以来、もう19年以上師事している。

先生は、もともとスコットランドのご出身で、現在はオックスフォードブルックス大学の名誉教授だ。

私のイギリス式の伝統的な社会人類学の知識は、全て教授の元で身に付けた。

とにかく、大尊敬しているジョイ・ヘンドリー教授を、先週、升砲館の稽古にお迎えできることが、私はとても嬉しかった。

私は、少し緊張した。

人類学者は、観察のプロ中のプロなので、稽古中の私のすべての振る舞いや発言を見られているからだ。

すごく厳しくて、すごく温かい。それがジョイ・ヘンドリー教授だ。

今、思い出したが、私の大学院時代、教授ご自身が学生のころに書かれた修士論文をタクシーの中で見せていただいたことがある。

目が釘付けになった。

異常なほどのページ数の、見たことないぐらいの分厚い論文。

そして、内容がすさまじい!

文章の美しさに加え、質も量も、修士論文の域をはるかに超えている。

どう見ても博士論文以上というか、高潔極まりない清廉たる一大作品がそこにあったのだ。

ありえない、、、教授は20代の若さでこんな化け物のような論文を書いていたなんて!

もちろん最初から教授のことは尊敬していたのだが、一流のプロ学者の生々しい力を見せてもらい、自分が虫ケラのように感じたものだ。

当時、年齢の割にはまあまあ良い線行ってると自分で思っていた私は、井の中の蛙だった。

英語で言うと、a big fish in a little pondだ。

当時、自分はまだ若いから実力は足りないかもしれないが、情熱では負けないという自信をもっていた。

でも、ジョイ・ヘンドリー教授の修士論文を見たら、「情熱では負けない」なんて考えていた自分が恥ずかしくなった。

自分の情熱なんて、先生の人類学にかける情熱の足元にも及ばないではないか。。。

一生かけて、少しでも先生のレベルに近づけるように学んでいきたい。

今も毎日、そう思っている。弟子として、ジョイ・ヘンドリー教授の名に恥じない自分でありたい。

学ぶことは楽しい。

成長するのが楽しいのだ。

成長を止めたら、そこで人生終わりだぞ。

そう思って、お前もがんばれ!



SHAWN

©2020 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?