新しい升砲館本部道場の写真を見て頂戴

こんばんは、ショーンだ。

 

今日は、あなたに新しい升砲館本部道場の写真を見てほしくて、私はこの記事を書いた。

 

 

私は、京都市右京区から滋賀県大津市に引っ越した。

 

大津市とは言っても、私の住む比叡平地区は京都市に隣接していて、私の自宅から京都市まではたった150メートル。

 

比叡平について簡単に説明すると、比叡山の高さは800メートルで、比叡平はその中腹、標高400メートルにある山に囲まれた住宅地である。

 

空気も綺麗で、どこか不思議な別世界のような土地。

 

そこで、ドッシリと重厚な雰囲気を醸し出す、この日本家屋に私は出会った。

 

「ヨシ!ここに住もう。ここを升砲館の本部道場とするぞ!」

 

直感に従い、私はこの家に住んで、ここを升砲館の本部道場にしたいと考えた。

 

不動産屋さんとの話や契約は極めてスムーズに行ったが、その後の引越しの作業は簡単ではなかった。

 

熾烈を極めた引越し作業も、多くの門下生が手伝ってくれたお蔭で、12月の半ばになんとか終わらせることができた。

 

しかし、建てたご主人のこだわりの詰まったこのお屋敷は、何から何までが規格外。

 

今となっては良い思い出だが、あらゆることが普通ではなくて、そして10年間空き家だったこともあり、住みやすい状態、稽古しやすい状態まで持っていくのが大変だった。

 

そんな中、少しずつ片付いてきて、2月からはこの本部道場で月例稽古を開始、東京や兵庫からも門下生たちが通ってくれている。

 

あ、表札は私の武道の師、宇城憲治先生が書いてくださった私のフルネームだ。

 

なんと、もったいない!

 

大尊敬する師の書を見ると、私の背筋は思わず伸びる。

 

この表札に恥じない人間になりたいな。

 

私は、比叡平に来たおかげで集中力が増して多くの発想に恵まれるようになった。升砲館のメソッドも今までできなかったことができるようになってきた。

 

正直言って、これからの升砲館は今までの升砲館とは違うぞ。

 

メソッドは私の思う究極の法に近づいてきている。

 

過去の門下生たちも戻って来いよ。

 

楽しいぞ〜、ホントだよ。

 

やらないともったいないぞ!

 

あなたの英語を完成させる方法がここにあるぞ。

 

ショーンより



SHAWN

■過去の門下生、最近どうしてる?復活したい人は、以下より連絡をくれ給え。
https://shohokan.net/contact-us/

■新しく興味を持った人は、以下の体験会に来てくれ給え。
https://shohokan.net/lp/seminar/

©2021 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?