【質問集】第1章《質問08》ことばは自然に身に付くものなので、習う必要はないと思います。

第1章 「英語が嫌いだ」「英語は要らない」と思っているあなたへ

《質問08》ことばは自然に身に付くものなので、習う必要はないと思います。

【回答】
「子供のときにやらないと外国語の習得は不可能」という言語習得の臨界期説を聞いたことがあるかもしれませんが、もし、あなたが6歳を超えているのであれば、「聞いたらすぐコピーできる」というような天才的な言語学的才能がない限り、自然に外国語がうまくなることはありません。また、言語習得のために「留学をしたり、外国に住んだり、日常生活に英語が必要な環境に身を置くとよい」という考えもありますが、それでも、大人になると自然に英語がうまくなることはほとんどありません。ごく初歩に限れば、ある程度は自然な上達はありえるかもしれませんが、ままごと英語レベルに留まってしまいます。升砲館はチョムスキーの生成文法論(ヒトには普遍的な言語能力が生得的に備わっているという説)を部分的に認める立場を取っていますが、実際問題として、高度な言語運用能力はヒトの社会性の上に学習されて獲得されるものです。すなわち、自然に英語がうまくなっていくというためには、年齢や環境の条件が必要になるのです。

 

大人向けに指導をしている一般的な英語教育や英会話スクールでは、自然な英語の習得をスッパリ諦めて「単語や表現などの知識を増やす」ことと「コミュニケーションの経験を積む」ことの二つを行います。身に覚えのある人はわかると思いますが、いくら知識を付けても、いくら大量のレッスンを受講しても、子供のように自然に英語を聞いて話すことはできるようにはなりません。断片的な知識や、行き当たりばったりの経験が積まれていくだけで、自然に英語が話せるようにもならないし、自然な英語にもなって行かないのです。

 

しかしながら、あなたにも自然体で英語を話せるようになる方法は残されています。唯一の方法は、ヒトが子供のころに持っている「自然に言語を吸収できる能力」の部分を開花させることです。大人になってからでは、手遅れだと思われていますが、正しく行えば大人でも子供のころのように「力まず自然に英語を聞いて話せる状態」になって行くことが可能です。

 

初心者なら、まず升砲館で自然体バイリンガルのコア部分を学んでから、単語や表現などの知識をつけることにより、非常に速い上達を叶えることができます。上級者なら、升砲館メソッドを学ぶことにより、すでに持っている英語の知識や経験を、自然体でフルに活かせるようになります。

 

ことばを自然に身につけるためには、やり方というものがあります。ぜひ、升砲館であなた自身でそれを確かめてください。

 

どうか、あなたの英語の悩みが解消されますように。

 

ショーンより



SHAWN

©2021 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?