奇をてらった英語ではなく、自分の母語のように英語を話せるようになりたい人へ

こんにちは、ショーンだ。

 

私は、英会話スクールが嫌いだ。

 

経験のある人も多いだろう。

 

クラスルームに座って、テキストブックを開ける。外国人講師から教科書通りの文法の説明を受けたあと、空欄を埋めたり、会話の例文や文章をリピートする。

 

ほんの少しの断片的な知識を提供するだけで、民間のスクールは、やってることが学校教育と変わらない。

 

もし私が生徒だったら、そういうところには絶対に行きたくない。

 

薄っぺらいのだ。

 

私は学ぶことが好きだ。

 

私は、歴史、人類学、哲学、言語学、音声学、自然科学の諸領域、音楽、武道を愛しているし、若い頃から今も変わらず、ずっと学び続けている。

 

私にとって、学ぶことは自分への投資でもあるし、何よりも文化人類学者エドワード・T・ホールの言うように、ヒトにとって学習欲というものは、睡眠欲や食欲、性欲と同じぐらいに強い。

 

「知らなかったことを知ったり、できなかったことができるようになる」

 

そこには大きな快感がある。

 

私は快感が好きだし、快感を提供するのも好きだ。

 

もしお前が、学習欲、すなわち、できなかったことができるようになっていく欲望を満たしたい場合は、升砲館に入門するといい。

 

驚くほどの快感がある。

 

今週の日曜日、稽古後の懇親会で、今月入門したばかりの東京升砲館の門下生たちと話したが、前回、1回目のセッションの日の夜は、大きな興奮でなかなか寝られなかったらしい。

 

なぜ、そのような大興奮があったのか?

 

奇をてらったような、わざとらしい英語を話したりなんかしても、そのような興奮はやってこない。

 

ひとりひとりが、自分の母語のように、自分の英語を話したのだ。

 

オォー、絶美!

 

自然の美だ。

 

私の敬愛する肥田春充師はこう言われた。

 

「真理は平凡である」

 

自分の母語のように、普通に英語を話せることが尊いのだ。

 

奇をてらったような英語ではなく、自分の内面から出てくる英語を話せるようになること。

 

それが大切だ。

 

英語を自分の母語のように話せる方法を知りたい人は、まずは升砲館の「英語の壁正面突破セミナー」に来てくれたまえ



SHAWN

©2019 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?