SHAWN TSUJII'S

裏の英語で一番大切なこととは?

こんにちは、「型破り英語」の殿堂、升砲館館長ショーンだ。

写真は昨夜、比叡山道場の前の道路にいた野生の鹿。庭を荒らされて困ること以外は、とっても可愛いのだ👍

さて、升砲館門下生たち、そしてまだ升砲館に入っていない読者のお前たちも、今日も元気に英語がんばってるか?

今日は、裏の英語で一番大切なことを簡潔に伝えるぞ!

心して読んでくれ!

もくじ

裏の英語で一番大切なこととは?

「裏の英語」で一番大切なことは、「英語話者として生きる」ことだ。

「日本人英語学習者として英語を学ぶ」という普通の考え方では、永遠に「学習者」のままだ。何万人も見て来た私は断言しても良いが、自分のことを「学習者」と思っている限り、そいつは「英語話者」になることはない。

例え英単語をほとんど知らなくても、TOEICの点数が最悪に近くても、私は升砲館の門下生や予備軍の読者のお前たちには、自分のことを「英語話者」だと思って暮らして欲しい。

いいか?

1日のうち1分でも良いから、「英語話者」として生きてくれよ!

そうすると必ず未来が開けてくるぞ。

あ、あとヤバいのが、これだ。

ちょっと英語がうまくなりたいんですが?どうしたらいいですか?

「ちょっと英語がうまくなったらいいんですが」なんて考えている、英語学習者モード全開の奴。

読者諸君、なぜ、これがヤバいのかわかるか?

例えば、英語を自然に話そうと思うと腹式呼吸は必須だ。そうでないと、英語は非常に話しにくい。

しかし、「ちょっと英語がうまくなればいい」となんて軟弱なことを考えている奴は、どれだけ腹式呼吸の重要性を伝えても「自分はちょっとうまくなればいいだけだから」と考えて、実行しない。

その手の軟弱者は、腹式呼吸だけじゃなく、発声、発音、語彙、文法、論理的構造、文化など、全ての要件に於いてそのような逃げの姿勢なもんだから、まったく始末に負えない。

見事に全然うまくならないからな。

これを読んでくれている型破り英語を愛するお前たちも、当然そんなの嫌だよな?

いいか?

私のブログ『極悪で行こう』、およびメルマガ『極悪通信』の読者である、英語教育界の選りすぐりのお前たちは、あらゆる場面で「英語を極める」という考えで生きて欲しい。

それが粋ってもんだよ。

では、今日も型破りで生きよう!人生楽しもう!


ショーンツジイ

英日バイリンガル刺青文化人類学者
英語道場 升砲館 館長

↑英語で悩んでいる方、堅苦しい常識に縛られず自由な英語の使い手となりたい方、升砲館が初めての人のためのセミナーです

⭐️セミナー開催日程(2024年2月〜3月)
 定員: 各3名〜5名
【オンライン】2月24日(土)1:00pm
【オンライン】2月24日(土)5:00pm
【オンライン】2月25日()1:00pm
【オンライン】2月25日()5:00pm
【オンライン】2月27日(木)7:00pm
京都】2月28日(金)7:00pm
東京】3月7日(木)7:00pm
東京】3月8日(金)7:00pm
東京】3月11日(月)7:00pm

もくじ