SHAWN TSUJII'S

京都升砲館でのサプライズ

心もせわしい年の暮れ、いかがお過ごしだろうか。 

先日の東京に引き続き、雪の降った先週の12月18日の京都升砲館でも稽古後に京都の門下生たちからサプライズで誕生日を祝ってもらって、再び心の底から感動したショーンだ。

私の顔が描かれたケーキに、門下生からのたくさんの心のこもったお手紙。。。

みんなの笑顔や、手紙のひとつひとつが、私の胸に沁みる。

私は感動して、すべての手紙を3回精読した。行間ももらさず読んだ。

愛に溢れていた。

どれほど、私はみんなに勇気づけてもらっていることだろうか。

どれほど、私はみんなに生きる張り合いをもらっているのだろうか。

さらに、門下生のアナンはANAN TVたる動画を作ってプレゼントしてくれた。

昭和風のニュースが再現されていて、演出がレトロで洒落ていて、本当に粋だと思う。

こんな昭和のアナウンサー的な話し方なんて、彼にとっても生まれて初めてだったはずだ。

非常に温かみのある動画で私は感動したので、その動画の一部分もここに紹介させてもらう。

アナン、本当にありがとう。

そして、最近は○○○のレベルを引き上げるメソッドにより、門下生たちの英語のクオリティが未知のゾーンに差し掛かっている。

市販されている英語教材CDのネイティブ役者の手本よりも、ずっと美しい発音で自然に読めている升砲館の門下生が増えてきた。

アメリカ人、日本人かかわらず、聞いた人は「これが日本人!?」と皆びっくりすると思う。

指導している私もびっくりするぐらいの上手さだし、お互いの音を聞いて「おぉ〜!」と驚きあっている門下生同士を見るのも、私の大きな歓びだ。

生きていて良かった。

人生は本当に楽しい。

みんなで人生を楽しもう!

みんな、ありがとう。


ショーンツジイ

英日バイリンガル刺青文化人類学者
英語道場 升砲館 館長

もくじ