「ロンドンの発音王」ダニエル・ジョーンズ教授


ショーンです。この有名な英語の基礎母音表は、今から100年ぐらい前に「ロンドンの発音王」ダニエル・ジョーンズ教授が組織したものが元になっています。英語音声学の発展はそこから始まりました。

 

MRIなどの近代の医療技術を活用された先代の国際音声学会会長のラディフォゲット博士以降も、この古典的な基礎母音表は今も生き続けています。非常に有効なのです。

 

ただ、この基礎母音表の本当の意味をご存知でない人が多く、教師も学習者も大多数の人が間違った理解をしています。

 

これは多くの人に思われているような舌の位置でもなければ、調音位置でもありません。

 

この表の使いこなし方を知りたい方は、升砲館へ。

 

ショーンツジイ



SHAWN

©2023 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?