大人になってから英語を学ぶというのは、自分らしさの再獲得

私ショーンは今年の12月で50歳。16歳で英語を指導し始めたので、もう34年目となる。若い頃は1日10時間レッスンを当たり前にしていて、私は猛烈に働いていた。 

英語指導業をしている人にはわかると思うが、休憩なしの10時間連続レッスンはかなり大変だ。しかし私は、自分の生徒が英語がうまくなる瞬間に立ち会える喜びが、全てに勝っていた。

 

私は本当に運が良かったと思う。私は生徒さんにもスタッフたちにも恵まれていたおかげで、自分の持っているエネルギーを英語指導に振り切ることができた。

 

こんなにやりがいのある仕事なんて、なかなか無いよ。

 

ありがとう!としか言いようがない。

 

人は本当に多様。

 

英会話未経験の初心者でも、海外生活の長い日本人でも、高校の英語の先生でも、プロの国際会議の通訳者でも、本当に英語の悩みは人それぞれで、本人にしかわからない苦しみがある。

 

そして、同時に、その人本人にしか出せない味もある。

 

この仕事を長年やって気づいたことだが、大人になってから英語を学ぶというのは、「自分らしさの再獲得」のようなものだ。

 

英語を学ぶことによって、内面の自由や、自由な自己表現を獲得することができる。

 

そういう自由な英語は美しい。

 

力んだところがなくて、澄んでいるのだ。

 

なんたる自然さよ!なんたる美しさよ!

 

今日も、私は英語を指導する。みんなの上達が私のガソリンなのだ。

 

平易なことばになって申し訳ないが、感謝しかない。

 

私に、この仕事をさせてくれて、ありがとう。

 

私は死ぬまでに100万人の日本人を英語ペラペラにしたい。それでも日本の人口からすれば100人に一人以下の割合だが、英語を通して皆に喜んでもらえたら、私にとってそれほど嬉しいことはないし、それが私にできる社会貢献だと思っている。

 

英語で悩んでいる人も、英語がもっとうまくなりたい人も、ぜひ私に力を貸して欲しい。

 

笑顔で行こう!

 

ショーンより



SHAWN

©2022 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?