お前は格差は好きか?私は好きだ。

こんばんは、ショーンだ。

お前は格差は好きか?私は好きだ。

理由は簡単である。

目を閉じて、格差のない世界を想像してみたまえ。

全員が同じファッション、同じ英語力、同じ話し方、同じコミュニケーションスタイル、同じ知識。

どれだけ才能があって、どれだけ努力して会社に利益をもたらしても、普通の人とお前の給料の額は同じ。

格差がないとは、そういうことである。

自然を見たまえ。

ヒトやゴリラ、チンパンジーをはじめとする霊長類、多くの哺乳類は、厳しい序列社会の中で精一杯に生きている。

鳥は求婚のために他者より美しくさえずり、クジャクは一生懸命に翼を広げて異性にアピールする。

生きるために努力や工夫をしない者は、そこで終わる。

わかるだろう?

この世では格差があることは自然なことである。

格差があるから、生き物は生活を営めるし、スポーツ観戦は楽しいし、相撲も映画も楽しい。

私は、「周囲に差をつけたい」「成長したい」「前進したい」というマインドを持つお前が好きだ。

なぜなら、そういうお前は「生きている」し、人間的な魅力があるからだ。

格差が無いことが良いと思っている人間は生きていない。

目が死んでいる。

私は、お前の成長が見たい。お前の笑顔が見たい。

私は自由主義者であった米国の思想家アイン・ランドの影響が強い。

2016年にアイン・ランド協会の会長ヤロン・ブルック博士にお目にかかったとき、博士は”Inequality is a good thing.(格差は良いことだ)”と断言しておられた。

私も同意見である。

格差があるから、この世は楽しいのだ。

さあ、学ぶことはいっぱいあるぞ!

できなかったことができるようになるのは、楽しいぞ。

諦めるな。お前はできる。

周囲の人間とは、どんどん格差をつけて行ってくれ。



SHAWN

©2020 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?