私が最も尊敬する天才ボーカリスト、マーク・ボールズ

辻井升雲(ショーン・ツジイ)
ショーンだ。

今日はラスベガスに来ている。

私が世界で最も尊敬する天才ボーカリスト、あのマーク・ボールズに会うためだ。

マークは私が敬愛する天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンと組んでいたことで世界的に知られたスーパーボーカリストである。

私は32年以上マークの歌(特にTrilogyアルバム)を聴き続けているが、今でも聴くたびに、ヒトはこれほど歌で人を感動させられるものなのか!と、心が震える。

世の中には上手いボーカリストは沢山いるが、マークは別格だ。

アリストテレスが”The whole is more than the sum of its parts. (全体とは、部分の総和以上である)”と言ったように、通常のボーカルのテクニックのひとつひとつをどれだけ足しても、マークの領域には遥か及ばない。

本物の芸術だ。

尊敬するマークと出会えて、私は最高に幸せ者だ。

私は今から、巨匠マークと新しいプロジェクトに向けて突き進む。

プロジェクトを発案してくれた鬼才Tomo、ありがとう。



SHAWN

©2019 Shawn Tsujii

Log in with your credentials

Forgot your details?